老人性いぼ 予防

老人性いぼ 予防

老人性いぼ(老人性ゆうぜい)の主な原因と考えられている

 

「紫外線」の影響を受けないように

 

日焼け止めクリームを塗ったり、肌を露出しないように
衣類で覆ったりするのが効果的ではないかと言われています。

 

老人性いぼは、若い頃からの紫外線による蓄積によって
発生するものだと考えられているので、

 

「完全に防ぐ事は難しいです。」

 

また一度、老人性いぼを除去した後、再発するケースもあります。

 

これは若い頃からの紫外線の蓄積によって、老人性いぼが
発生する時期を予測できないからだと推測されます。

 

予防をしたから完全に防げるというものではないですが、予防をする事によって
老人性いぼができにくい、環境作りになると言えるでしょう。

 

どんな日焼け止めがいいの?

日焼け止めクリームを選ぶ目安は、生活環境、生活習慣によって変わってきますが、
通常であれば、「SPF20程度、PAはPA+」程度で十分です。

 

長時間、紫外線に浴びる環境の方は、もっと高めの数値の物を選ぶとよいでしょう。
数値が高くなれば、皮膚への負担も強くなりますので、相性にも注意しましょう。