老人性いぼ とは

老人性いぼとは

老人性いぼ(老人性ゆうぜい)とは男女問わず、30代以降から
身体のいたる場所から発生する良性の腫瘍のことで、
皮膚の表皮細胞が老化して増殖したものです。

 

老人性いぼができる場所は、「目元・首元・脇下・胸・背中」
にできることが多く、特に皮脂腺の多い箇所にできることから、

 

「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう」

 

とも言われています。

 

老人性いぼは良性の腫瘍なので、他人に感染することありません。

 

そのまま放置しても特に害もなく、気にしなければ生活に支障を
起こすようなこともないです。

 

老人性いぼ(老人性ゆうぜい)の色は個人差があり肌色、
または褐色〜黒色で、シミが盛り上がった感じに見えます。

 

大きさは直径1〜5mm以内が多く、
中には直径10mmを超える物もあるそうです。

 

ほとんど場合、老人性いぼは良性ですが、色、形状によって

 

「悪性のイボが交ざってる可能性」

 

も否定できませんので、一般的な老人性いぼと違う感じがした時は、
放置ぜず早めに専門医に診てもらった方が良いでしょう。

 

要注意な老人性いぼ 症状例

  • 色、形状が一般的のイボと違ってみえる。
  • 血のついたような感じにみえる又は血がついている。
  • 急にイボが増えてきた又はイボが発生した。

※一例ですので、異変に感じられた場合は、専門医に診てもらう事が大切です。